商品のご案内
グァテマラ アンティグァ
アンティグアにあるアゾテア農園で栽培されている豆です。フルーツ系の香りときれいな酸味、強すぎないけれどもしっかりとしたボディーがとても好印象を与えてくれます。。
グァテマラ アンティグア
グァテマラ アンティグア

グアテマラのコーヒー産地は大部分が山間地で、豊富できれいな水源に恵まれ、寒暖の差が大きいという特徴があります。メキシコの平原から副畔に守られている産地、火山活動によりミネラル豊富な肥沃な土壌がある山地など300以上の気象要因により様々な場所で様々な風味のコーヒーが生み出されています。1980年代からANACAFEが先導し、地区別コーヒーとしてのプロモーション活動をスタートさせています(ウエウエテナンゴ、サンマルコスアティトラン、あかてなんご、アンティグアなど)。その中の一つアンティグア地区内にあるのがこの「アゾテア農園」です。

アンティグア地区は良質なコーヒーを生産することで世界的に高く評価されています。世界遺産でもあり、グアテマラのこととしての歴史とその素晴らしい町並みで広く世界に知られています。また1880年代にグァテマラで最初のコーヒー栽培がおこなわれた地区でもあります。アンティグアはアグア火山、フエゴ火山、アカテナンゴ火山に囲まれた地区であり、ミネラル豊富な火山性土壌でコーヒー栽培がおこなわれています。雨季と乾季のはっきりした気候や夜の冷え込みはこの地区の特徴で、世界的に高く評価されている風味の源となっています。

農園の歴史は長く、1883ねんまで遡ります。長い歴史と伝統を持った農園ですが、最新の技術にも積極的に取り組んでいて、両者の融合により巣がらしい品質のコーヒーを作り続けています。農園内に博物館を融資mコーヒー栽培による収入への依存度が他農園ほど高くない点が特徴の一つです。安定した博物館からの収入は、農園主にコーヒー栽培に関する研究の余力を与え、生物学者の手助けにより、異なる栽培方法、有機肥料、シェードツリー体系、汚物処理の研究に取り組んでいます。

地域・地区アンティグア(サカテペケス県 ホコテナンゴ市)
農園名グァテマラ アンティグア ラ アゾテア農園
農園面積約45ha
標高1,600m
品種ブルボン100%
収穫時期12月~3月
乾燥方法天日乾燥

華やかで耀柑橘系の酸味。強すぎないけれども、しっかりとしたボディーと品のある甘みが感じられます。

グァテマラ アンティグァ
アゾテァ農園
200g/1袋
950円(税込)
ご購入へ
faxご注文用紙